穴を治す|現状回復工事で住宅を改善~美しい状態の住まいを維持しよう

現状回復工事で住宅を改善~美しい状態の住まいを維持しよう

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

穴を治す

作業員

賃貸住宅で長年住んでいると様々なことが室内で起きます。その際に壁に物をぶつけてしまい穴が空いたなど壁紙が剥がれたなどすることがあるでしょう。原状回復工事にかかる費用は小さな穴などでも高くつくことがあるので注意が必要です。現在賃貸住宅に住んでいるのであれば、家を故意に傷つけるようなことはしないように気をつけましょう。家を故意に傷つけるなどをしていると、引っ越しをする際に多くの出費が必要となることがあります。
例えば壁に穴が空いたなどの原状回復工事費用は2万円から6万円はするとされているのです。壁の穴の他には天井穴などが挙げられるでしょう。電気工事や上からものを吊り下げる際に空けることもありますが、天井は工事が難しいところなので、これも数万円の修繕費用を必要とします。壁や天井以外にもフローリングなども、引っ越しの際に直す必要があります。特に穴などが空いていなければそのままでも問題ありませんが、穴が空いていたり、窪んでいたりすると修繕する必要があるといえるでしょう。部屋に大型の家具をいれる際に間違って落とすなどしてしまったら修繕費が必要となるケースがあります。日頃から丁寧に傷つけないようにと気をつけていたとしても、中々上手く行かないものではあります。引っ越しをする際に原状回復をする必要がある箇所があることは少なくありません。しかし中には現状回復の対象としないものもあります。画鋲などの穴などは原状回復の対象とはなりません。